いいとこまんじゅう日記

いいとこまんじゅう2

2018.09.7 / Blog

もう夏も終わりのタイミングですが
先日江ノ島に行ってきました。
大学時代の友達と海でBBQをやる行事が毎年恒例なので。

今日はその帰りの風景の話をしたいと思います。

帰りは鈍行でゆっくり帰ることにしました。
その日の空は今年一番蒼く、切れ長の雲が美しくたなびいていました。
秋の気配を少し感じられるような気温。
なんとなく少しだけ哀しいような気分です。
片瀬江ノ島駅から静岡駅までなので、だいたい時間でいうと3時間弱。
どうやってその時間を過ごしたかといえば、スマホでSNSをチェックしてみたり
NETFLIXでダウンロードしておいた映画を鑑賞したり。
そうこうしていてふと視線を上げてみると
途中すごく綺麗な景色が目の前に広がっていました。
JR東海道線「根府川駅」



車窓から太平洋を臨めるのです。
でも実はこの景色と出会ったのは初めてではありません。
大学時代、都内のバイトで稼いだお金が底を尽きそうなタイミングで
帰省しなければならない時によく鈍行を使っていました。
根府川駅との出会いはその時が初めてです。

帰省はといえば
普段会えない人に会わなくてはいけませんから
しっかり決められた時間の中で動かなくてはなりません。
時間は限られています。
だから私は根府川駅を通過すると
「就職して時間に余裕ができたら、途中下車してじっくり景色を見てみたいな。」
と思っていました。
その小さな夢を叶えるためにこの日鈍行にしたのです。


今回はしっかり途中下車して雰囲気を味わいました。
初めてこの景色と出会ってからもう多分6,7年。
やっとちゃんと見れた。
とても懐かしい気分。
あの時の自分を思い出してみて比較したりしました。
はじめの一歩を踏み出したころの自分を知っている風景。
それから随分と自分が変わったように思います。
本当はあれから20年くらいたってるんじゃないかなと思ったり。
未来ってわかんないなって。
あの時から夢を叶えながら生きていて
新しいビジョンが実現しては、また新しいビジョンが自分の中に芽生えたりして。
これからも自分がどう変わっていくか分からないけど頑張ろうと思えました。

ノスタルジーを味わうと、未来に対する英気が生まれるのですね。

Further reading

苺一会

20181116

想えば思われる。

20181112

チョコレートと引き換えに

2018113

韓流の秋

20181026

おしゃべりな毎日

20181019

花金のパリは踊る

20181013