(気まぐれ店主の)小さな恋のスクラップ

曖昧 me

2016.04.3 / Blog

桜が咲きはじめている様子。
アルジです。

今日は曇りなので
もしかしたら、グレーとピンクの
キレイな曖昧が撮れるかもしれない、と
カメラを持ってブラブラ。
撮ってみたら
やっぱりキレイ。

桜をきれいに見られるのが
人生60年で考えると
60回。
もう半分くらい、見たかしら。

たまにスケジューリングをしていると
一時間は60分。
一日は24時間ですって。
わかってます。
ちょっとビックリしたのは
一年は52週。
52週間しかないんですね。

桜は毎年春の10日間くらいが見ごろ、
くらいまでは知っておきたいですが
何日から、何日までか
具体的なことは知りたくない。
曖昧だからいい。

an0403_02

ウチの建物のツタもそう。
一番早いヤツが緑をつけはじめました。
もうすぐ「キャッスル」の文字も
見えなくなってしまいます。
それについての具体的な時期は
知らなくていい。

目を背けている、といったら
そうなのかもしれないですが
曖昧な方が
ドラマッチックなこともある。

数字的な価値と
そうでない価値。
時間という価値と
そうでない価値。

お店も私も、大事にしていきたい。
曖昧 me。
来年もキレイな桜を咲かせておくれ。
川沿いで会いましょう。

スタッフが手を入れた
ウチの花壇も、今が見ごろです。

an0403_03

Further reading

日常

20171025

憧れのいきさつ

20171013

曖昧 me

201643

迎え入れる準備

2016327

押し入れ

2016320

探しに

2016228