(気まぐれ店主の)小さな恋のスクラップ

迎え入れる準備

2016.03.27 / Blog

【WEB MAGAZINEのコラムです。】

最近仕事で
ある事務所に入り浸っている
アルジです。
私はトイレが近いのですが
そこの何気ないトイレの一輪に
毎回萌えています。

そんな些細な情景は
ウチのお店にもあって。
例えば狭い休憩スペースに
おそらくスタッフが置いた
小さな瓶と、一輪。
とても気に入っていて
でも、たぶん
後ろのガラスと相性がいいので
ここから動かせないでいます。

an0327_02

この些細な情景ってのは
いろんな背景があって
「こうなっちゃっている」
場合が多く
それ以外ではない。
その人となりや
背景まで薄ら見えるのが
たまりません。

ただ「なっちゃって」れば
よいわけではなくて、
ただの自然体とは違くて、
いろいろな時間と準備が
その些細な情景を
迎え入れる。

お店の建物は
そういうものを持っているが
お店の中には
まだあまりない。

an0327_03

だから
「アンティーク」と
「アンティーク風」。
「手作り」と
「手作り風」の違い。

これはムジとかでも
作り得ない。
「自然体」とか
「ナチュラル」とは
またちょっと違うから。
荒物の方がいいのかな。
どうだろう。
「らしい」というのが一番だから
それともちょっと違うかしら。

Timelessでも
そういうものづくりをはじめたい。
そろそろ、そういうことを。

Further reading

苺一会

20181116

想えば思われる。

20181112

チョコレートと引き換えに

2018113

韓流の秋

20181026

おしゃべりな毎日

20181019

花金のパリは踊る

20181013