(気まぐれ店主の)小さな恋のスクラップ

ライブの観客

2016.01.24 / Blog

【WEB MAGAZINEのコラムです。】

商品の選定については
ある程度意図を持って望むのだけれど
到着して封を開けているときの
「ライブ感」がたまらない。

写真は白山陶器さんのシリーズで
いつか入荷したいなと思っていたのだが
今の店内のテイストが合いそうなので
今回入荷をしてみた。
来週中には並ぶ予定だ。待ちきれない。

ライブは
開催する側と観客に分かれます。
開催側になるのはあまり好きではないですが
この場合、陶器が「開催側」
私は観客側になるのかな、と思います。
箱から取り出した時の
これからどうなってしまうんだろうという空気。
ゾワゾワします。
なかなか写真では伝わらない。
今回も失敗。

an0124_02
これは先日入荷した1616 arita。
やっぱり開けて広げた雰囲気がたまらないので
写真を撮る。失敗。

なんとかその「ライブ感」を伝えたいのだが
音楽のライブに行った人の話を聞いても
さっぱり伝わらないのと一緒もしれませんね。

私はその場でライブの構成要素になるのが
好きなのかもしれません。

Further reading

2018.11.26 No.18

20181211

2018.8.31 No.17

20181211

2018.8.28 No.16

20181211

2015.2.12. No.15

20181211

2015.12.12. No.14

20181211

2015.11.13. No.13

20181211